Smiley English


英語を・・・「聞く」「話す」「読む」「書く」

それぞれの年齢にあった4技能を、遊びを通して楽しく無理なく身につけていけるホームスクール、未来を担う国際人を育てる小さなホームスクールです。

 

遊びの中から確かな英語力を・・・

英語絵本の中のフレーズから、クラフト、工夫を凝らした様々なゲーム、文法ゲーム・・・

隣町に住むライオン君との英語お手紙のやり取りから、毎日の英語日記から・・・

 

Practice makes perfect .

習うより慣れる・・・

 

Smiley English Schoolの授業は、基本的には英語で行われますが、ただそれだけにこだわり、大切なものを置き去りにはしません。

何よりも大切なのは生徒と先生との信頼関係。そしてレッスンを楽しい!と感じる事が何よりも大切!

しっかりとした英語力が備われば、大きな世界がみんなを待っています。

まずはここから・・・楽しい英語の世界へようこそ。ここから世界へ通じよう。


BBカードとは


『BB カード』(正式名 "LETTERS & SOUNDS 64")は、絵カードとそれに対応するセンテンスカード各64枚、計128枚で構成されています。女の子 Betty Botterちゃんのイニシャルから、BBカードと呼ばれるようになりました。

 

●思わず口ずさみたくなるリズミカルな文章

 

各センテンスはマザーグースや英語の早口言葉を基に作られているので、韻を踏んでいてリズミカルです。聴いて真似をするのが得意な子どもたちは、ゲームをしながら繰り返しセンテンスを声に出し、自然に英語の音とリズムを身につけます。

 

●楽しく身につく英文法

 

子ども達は繰り返し遊んでいるうちに、センテンスを丸ごと全て覚えてしまいます。そうしたらオリジナルセンテンスの主語や目的語を入れ替えたり、時制を変えたり、疑問文、否定文に変えたりしながらゲームをします。子ども達はゲームの勝敗に集中するので、文法を学習しているという意識はまったく持ちません。このように運用する力をつけることにより、自分の言いたいことを英語で表現できるようになります。

 

●自分でわかる、だから楽しい!

 

ゲームは、語学学習にぜったい必要な反復練習を、飽きることなくさせてくれます。この反復練習により英語の言語野が育ち、覚えたセンテンス(先行知識)をたよりに、習っていない事柄でも自分で類推・推測する力がつきます。このように子ども達は「一方的に教えてもらって、ただそれを覚える」のではなく、「自分でわかる楽しさ」を体験します。この体験が、自発的に英語を学習したいという意欲につながります。

 



PHONICSとSIGHT WORDについて


英語の文章を読める様になるには、PHONIC(フォニックス)のルールを知り、知らない単語でも憶測しながら読めるようになる事と、SIGHT WORD(サイトワード)をそのままの形で読める様になる事が一番の近道です。まずはPhonics(フォニックス)についての説明をしましょう。

 

私たち日本人は、どの様にして日本語が読める様になったのでしょうか。

まず幼少期、読み始めの時期には“ひらがな”を読み始めます。読む前に、まずは51の文字の形と音を結びつけましたね。あいうえお積み木などを使って、“ね”を”NE”と読み、”こ“を”KO”と読み、猫の絵を結び付ければ、もう”ねこ“と読めました。

 

さて、これを英語に置き換えてみましょう。”ねこ“は”CAT”ですね。欧米の子たちの文字はアルファベットです。アルファベットの名前を知っている子が”CAT”を見たら”C”(シー)、”A”(エィ)、”T”(ティー)としか読めません。この、Cの音、Aの音、Tの音は、アルファベットの名前とは全く別物となります。その音を覚えていくのが、フォニックスのまず一番最初の学習となります。


「Cを “k”」、「A を“æ”」、「Tを”t”」、の音と結びつけて初めて”CAT”と読む事が出来ます。フォニックスルールの数は分類法等により違いますが、まずは26文字の音、そしてmagic E (サイレントEとも言う)、それから二重母音や二重子音などを覚えておくと、読み方を知らない単語に出会った時もこんな読み方かな?と70%近い単語の読み方が憶測できます。

 

ルールとは関係なく、Sight Word や High Frequency Wordと呼ばれる類の単語があります。これらは例えば”the”や、”and”など、フォニックスのルールに当てはまる当てはまらないに関わらず、文章を読んでいると頻繁に出てくる単語です。これらの単語はそのままの形で覚えてしまうと効率よく読書ができる様になります。

 

Smileyでは、読みの習得を早い段階から行い、年齢に合わせたFluent Reader(流暢な読者)を育てます。


レッスン風景






スマイリーイングリッシュ&プラススクール

Smiley English & Plus School


●公益財団日本英語検定協会「英語検定(英検)」準会場

●日本速脳速読協会認定校

●セルム児童英語研究会会員


547−0006   大阪市平野区加美正覚寺2-6-33

  • TEL         06-6794-2312
  • MOBILE   090−9046-5468
  • E-MAIL     karennobby@icloud.com

レッスン中は電話に出ることができません。聞きたいこと、困ったことがありましたら

お気軽にお問い合わせフォームからご連絡下さい。お問い合わせフォームはこちら