講師紹介


林 信子(Smiley English:英語・英会話専科)

 

決して勉強が決して好きではなかった学生時代を送る。社会に出て2年が経ち、もう一度英語を一からやり直したいと渡米。語学留学からオハイオ州立ライトステート大学に入学。渡米2年を数えた在籍中、家庭の事情で帰国する。

 

帰国後はフランチャイズの英会話学校で、非常勤講師として2年間勤め結婚を機に退社。出産後の1995年9月、豊中に児童英語教室を開校、2001年、教室と住まいを平野に移し現在に至る。


プライベートでは、2人の成人した子どもの母。
 

教室運営の一方で、2005年より7年間、アメリカの教育出版社SCHOLASTIC(スカラスティック)のアジア支社にて教育コンサルタントとして従事、英語講師の為の教授法、絵本、多読指導等は現在でも行なっている。

 

2013年、英語絵本、教材を取り扱うBEST BOOKS(ベストブックス)を設立、英語絵本、英語教材のオンラインショップを運営。

 

資格:実用英語検定試験準1級 TOEIC 845点



佐々木 貴之(Smiley Plus:主任講師・全科目)

 

子供達にとって教育とは何の為にあるのでしょうか、私はそれを「自信を持つ為」と考えています。

いくらテストで良い点数を取っても、レベルの高いとされる学校に進学しても、その子が自分に自信を持てなければ教育の意味があったとは思えません。その様な子も実際に多くいます。

 

また、逆に進学の際、多少学校のランクを落としても、結果として平均より下位の学校に進学してもその学校で学生生活を存分に楽しみ、自分に合った進路を見つけて嬉しい報告をしてくれる生徒も何人もいます。私が携わった生徒は圧倒的にこの様な子供達でした。

 

しかし、私が特別何かした訳ではありません。元々子供達は今の生活を存分に楽しみたいと言う活力を持っています。その活力を失わさせずに必要な学習をしっかりしてもらう、その事を理念としてこの仕事を続けて来ました。

 

子供達には、学習によって得られる結果が点数や偏差値によるものだけでなく、社会で活躍して行ける「自信」を身に付けて欲しいと考えて日々授業を行っています。

 

1980年生まれ

1987年 大阪市立加美小入学

1993年 大阪市立加美中学入学

1996年 大阪府立生野高校入学

1998年 大阪教育大学教育学部教養学科入学

2003年 一般企業の人材派遣会社に就職

2010年 教育の仕事を始める





スマイリーイングリッシュ&プラススクール

Smiley English & Plus School


●公益財団日本英語検定協会「英語検定(英検)」準会場

●日本速脳速読協会認定校

●セルム児童英語研究会会員


547−0006   大阪市平野区加美正覚寺2-6-33

  • TEL         06-6794-2312
  • MOBILE   090−9046-5468
  • E-MAIL     karennobby@icloud.com

レッスン中は電話に出ることができません。聞きたいこと、困ったことがありましたら

お気軽にお問い合わせフォームからご連絡下さい。お問い合わせフォームはこちら